screen の -t オプション素敵

2008-01-29 16:29:13 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | Tag: linux ネットワーク メモ 環境

Linux へログインする際は基本的に screen を使って、不安定な無線 LAN がとぎれても大丈夫なようにしている。そうすると screen で立ち上げる仮想ウィンドウが増えて、リソースが無駄になりがちだった。

もっとscreenを便利に使うためのチュートリアル - Unix的なアレで知ったのですが screen cmd args をすることで、対話シェルを立ち上げることなく仮想ウィンドウを追加できます。因みに -t オプションを与えることで、任意の名前の仮想ウィンドウになります。

私はログインシェルが zsh なので、最近は気にしなくても良いと言われていますが、メモリ消費量が気になっていました。しかし screen コマンドで仮想ウィンドウを追加すれば、対話シェルプロセスを立ち上げずに専用のウィンドウを作れるので便利です。

Related Entries

There is not related articles.

Trackbacks

Trackback URI: http://blog.c--v.net/trackback/2008/01/29/1

There is no trackback.

Comments

There is no comment.

Name
URI (Homepage or Email)
Body