Linux カーネル 2.6 解読室: 第 2 章 割込み、第 3 章 遅延処理

2007-04-23 14:12:41 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | Tag: linux linuxカーネル2.6解読室 読書

久しぶりに読みました。

この二つは組で読む感じ。割込み機構の一部に、遅延処理がある印象。

割込みは時計やデバイスなどのハードウェアから来るハードウェア割込みと、システムコールなどが用いるソフトウェア割込みの二つある。それぞれ優先度に応じてその場で処理をするか、遅延処理のキューにいれて今までの作業を再開させたりする。

割込みが多発すると、本来の処理が継続できなくなる。ソフトウェア割込みは頻発しているものを ksoftirqd プロセスに委譲し、このプロセスのタスクスケジューリングに従って処理をするらしい。ハードウェア割込みは、……どうなんだろう。

あとは汎用ソフトウェア割込みの tasklet と、汎用遅延処理の workqueue が書いてあった。

Related Entries

Trackbacks

Trackback URI: http://blog.c--v.net/trackback/2007/04/23/1

There is no trackback.

Comments

There is no comment.

Name
URI (Homepage or Email)
Body