UPS 買った

2007-04-11 01:08:01 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | Tag: linux ハードウェア 自宅サーバ 商品 生活

一昨日、ブレーカーを落とされたので。一応 LAN の DNS もやってたりするので、サーバが落ちると外に繋がらなくなる。

買ったのは、APC ES500。ヨドバシで ¥14,800 でした。サーバがどれくらいの消費電力なのか全く知らなかったので、適当に 100W と見当を付けてみました。加えて NAS とスイッチングハブ君に電源がバックアップできれば良いかなと思い、500VA 300W のものにしました。

真ん中の箱が APC ES500、商用電源通電中

真ん中の箱が APC ES500、商用電源通電中

それにしても重い。鉛蓄電池とインバータ回路の詰まった箱なので。Amazon によると 6kg あるらしい。とりあえず開封して、電池の線を繋ぎ直して*1、バックアップ電源にサーバと NIS、スイッチングハブを接続、サージ保護電源にモニタを繋ぎました。

続いて USB 経由でサーバと UPS を接続。普通に差し込めば APC ES500 と認識され、yum install apcupsdapcupsd 監視デーモンを入れました。因みに繋いだ直後の acpaccess status

APC      : 001,033,0836
DATE     : Tue Apr 10 23:19:14 JST 2007
HOSTNAME : ayame.home.sekido.info
RELEASE  : 3.10.18
VERSION  : 3.10.18 (21 July 2005) redhat
UPSNAME  : ayame.home.sekido.info
CABLE    : USB Cable
MODEL    : APC ES 500
UPSMODE  : Stand Alone
STARTTIME: Tue Apr 10 22:35:03 JST 2007
STATUS   : ONLINE 
LINEV    : 101.0 Volts
LOADPCT  :   0.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 100.0 Percent
TIMELEFT :  94.4 Minutes
MBATTCHG : 5 Percent
MINTIMEL : 3 Minutes
MAXTIME  : 0 Seconds
LOTRANS  : 090.0 Volts
HITRANS  : 110.0 Volts
ALARMDEL : Always
BATTV    : 13.6 Volts
NUMXFERS : 0
TONBATT  : 0 seconds
CUMONBATT: 0 seconds
XOFFBATT : N/A
STATFLAG : 0x02000008 Status Flag
MANDATE  : 2006-08-24
SERIALNO : AB**********
BATTDATE : 2000-00-00
NOMBATTV :  12.0
FIRMWARE : 03.p6.A USB FW:p6
APCMODEL : APC ES 500
END APC  : Tue Apr 10 23:19:16 JST 2007

というわけで、震える手を押さえつつ抜いてみました。因みに apcaccess status の出力を一部抜粋でお届けいたします。

先ずは抜いた直後。

STARTTIME: Tue Apr 10 22:35:03 JST 2007
STATUS   : ONBATT 
LINEV    : 000.0 Volts
LOADPCT  :  42.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 083.0 Percent
TIMELEFT :  15.9 Minutes

BATTV    : 11.7 Volts
NUMXFERS : 1
XONBATT  : Tue Apr 10 23:24:27 JST 2007
TONBATT  : 17 seconds
CUMONBATT: 17 seconds
XOFFBATT : N/A

続いてコンセント周りの配線をやり直して、作業終了直前の apcaccess status

STATUS   : ONBATT 
LINEV    : 000.0 Volts
LOADPCT  :  23.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 064.0 Percent
TIMELEFT :  21.8 Minutes

BATTV    : 11.9 Volts
NUMXFERS : 1
XONBATT  : Tue Apr 10 23:24:27 JST 2007
TONBATT  : 80 seconds
CUMONBATT: 80 seconds
XOFFBATT : N/A

作業終了直後。

STATUS   : ONLINE 
LINEV    : 101.0 Volts
LOADPCT  :  23.0 Percent Load Capacity
BCHARGE  : 070.0 Percent
TIMELEFT :  23.4 Minutes

BATTV    : 12.4 Volts
NUMXFERS : 1
XONBATT  : Tue Apr 10 23:24:27 JST 2007
TONBATT  : 0 seconds
CUMONBATT: 89 seconds
XOFFBATT : Tue Apr 10 23:25:56 JST 2007

各変数の意味を考えてみる。STATUS は ONLINE(商用電源)か ONBUTT(バッテリ使用時)。LINEV は入力電源の電圧。LOADPCT は最大出力電力に対するパーセンテージか? BCHARGE はバッテリの充電容量。TIMELEFT は放電完了予想時間。BATTV はバッテリの電圧。NUMXFERS はバッテリ使用回数か? XONBATT は最近バッテリを使用開始した時刻。TONBATT はバッテリ連続通電時間。CUMONBATT は前回のバッテリ連続通電時間。XOFFBAT は最後に商用電源が復活した時刻。

バッテリ使用時はアラームが鳴ってました。バッテリ容量はまだ充分に余っていたので、説明書通りに 30 秒間隔で。あまり五月蝿くない音であると思う。最後のほうは使用予想時間が 20 分と表示されていたので、120 W くらいか。

通常時の動作音は全く無く、とても静かです。バッテリ運転時は忘れました……。鉛蓄電池は引き取ってもらえますが、交換用蓄電池に付属するドキュメントに宛先が書かれており、「送料お客様負担で郵送」らしいです。いちおう電池は 25℃ で 4 年持つらしい。通常時は入力電源コードの近く(写真で、本体の右上)がほんのり暖かい程度。とはいえ、丁度その裏側に電池があります。

apcupsd で、電源が足りなくなったときに任意のコマンドを実行できないのか調べよう。

  • 注1: 輸送中の事故を防止するため、ES500 はマイナスの線が外れた状態で販売されている。という説明書でした。

Related Entries

Trackbacks

Trackback URI: http://blog.c--v.net/trackback/2007/04/11/1

There is no trackback.

Comments

There is no comment.

Name
URI (Homepage or Email)
Body