Linux カーネル 2.6 解読室を買った

2007-04-05 21:35:58 | | このエントリーを含むはてなブックマーク | Tag: linux 日記

大学生協で買おうと思ったら出版社に在庫が無いようで取り寄せが不可でした。なので Amazon で買いましたよ。

で、中を見たらびっくり。乱丁本というのでしょうか。

見事な乱丁ぶり

見事な乱丁ぶり

製本の時点で失敗しているようで、折れているページを広げようにも広がりませんでした。しょうがないので、巻末に記されていた出版元へ電話をかけたところ、「着払いで送って下さい」とのこと。その際に「どこが悪いのかをメモでよいので書いて下さい」と言われたので、適当に*1

で、今日戻ってきました。扱いは何故か“献本”。電話の時も、「見本誌を送らせていただきます」とか言っていたので受け付けた人が聞き間違えたのか、それともこういう事態は“見本誌”という名称で送るものなのか。

本に同封されていた唯一の紙“納品書”には取引先名が献本殿

本に同封されていた唯一の紙“納品書”には取引先名が献本殿

しかし Amazon 経由で購入したといえど、詫びの一つもないというのがなんとも言えず。これも普通なのか、献本として送ったのだから不要と判断したのか、或いはソフトバンクだからしょうが無いのか。

  • 注1: 良い意味でだよ!

Related Entries

Trackbacks

Trackback URI: http://blog.c--v.net/trackback/2007/04/05/3

There is no trackback.

Comments

There is no comment.

Name
URI (Homepage or Email)
Body